転職活動をするときには、職務経歴書を作成しなければなりません。私も転職を経験しており、そのときに職務経歴書を作成しました。

そして、私は世間知らずだったこともあり、転職活動を始めた時点で職務経歴書というものの存在を知りませんでした。学生時代の就職活動では履歴書しか作成しなかったので、転職でも履歴書だけが必要だと思っていました。

私ほど無知な人は少ないと思いますが、特に初めての転職では職務経歴書をどのように作成すればよいかわからないと思います。

職務経歴書は、あなたの経験した業務をただ列挙すればよいだけではありません。企業の採用担当者に、あなたの業務経験・身につけたスキルをしっかりとアピールする必要があります。

ここでは、理系の研究職・開発職の転職で、職務経歴書を作成するときのポイント・書き方を解説します。

職務経歴書の作成で求人への応募が完了する

「この求人に応募したい」と思う魅力的な求人に出会うと、応募に必要な書類を準備して、企業に提出しなければなりません。そのなかの1つが、職務経歴書です。

職務経歴書は、あなたが就職してからの業務経験をまとめて、転職希望先の企業に説明・アピールするための書類です。

新卒の就職活動では、職務経歴書は必要ありません。転職をしようと思ったときに初めて作成することになります。職務経歴書は、書店やコンビニで販売しています。

図(写真/書店/職務経歴書)

まずは、職務経歴書をどのようにして作成すればよいかを解説します。

インターネット上からテンプレートをダウンロードして活用すればよい

さきほど職務経歴書は書店やコンビニで購入できることを紹介しました。では、店頭で販売されている職務経歴書を購入すればよいでしょうか。

実は、職務経歴書を書店で購入する必要はありません。インターネット上にあるテンプレートをダウンロードして利用すればよいです。

私は転職活動で、転職エージェントの支援を受けました。転職エージェントのサービスを受けると、マイページから職務経歴書のテンプレートをダウンロードすることができます。

例えば、10万件を越える求人を取り扱っているdodaでは、下のように多くの職種ごとに職務経歴書のテンプレートが準備されています。

図(画像/doda/職務経歴書)

私は転職活動をするときに、dodaを含めた5社の転職エージェントに登録してサービスを受けました。どの転職エージェントでも、同じように職務経歴書のテンプレートが準備されていました。

また、複数の転職エージェントを利用している場合、ほかの転職エージェントが作成したテンプレートを使っても問題ありません。私も最初に作成した職務経歴書をほかの転職エージェントの担当者に添削してもらい、企業に提出しました。

あなたが転職する職種に合ったテンプレートをダウンロードして、活用するようにしましょう。

職務経歴書はパソコンで作成する

職務経歴書のテンプレートをダウンロードしたら、そのままパソコンで内容を入力していきましょう。

履歴書は手書きで作成して、企業に提出します。一方で職務経歴書は、パソコンで作成して、データのまま提出して問題ありません。

図(イメージ図/職務経歴書はデータでOK)

私は転職活動で数社の求人に応募しました。どの企業にもデータのまま職務経歴書を提出しましたが、全く問題ありませんでした。

職務経歴書はパソコンで作成して、データで提出するようにしましょう。

研究者・開発者への転職を成功させる職務経歴書の書き方

では、実際に職務経歴書の各項目はどのような内容を入力すればよいでしょうか。

職務経歴書は、これまでの業務経験を入力します。事実を入力していきますが、企業にあなたの経験や実力をアピールできる内容にする必要があります。

ここからはそれぞれの項目をどのように入力していくべきかについて、私が職務経歴書を作成したときの体験や内容も含めて紹介します。

社会人になってからの業務実績を詳しく記載する

職務経歴書は、あなたの業務経験とスキルをアピールするための書類です。社会人として働き始めてからあなたが従事した仕事内容を、採用担当者がイメージしやすいように記載する必要があります。

具体的に記載する内容は以下の点です。

  • 業務内容の概要
  • 会社名・会社概要
  • 所属部署
  • 具体的な業務内容・作業
  • 実績(学会発表、投稿論文、取得特許など)

実際に私が転職活動のときに作成した業務実績は、以下のとおりです。

図(画像/職務経歴書/社会人の業務実績)

私の場合は特許や論文などの実績がありませんでした。そのため、担当した業務内容・取り扱った分析機器を記載しました。

あなたが身につけたスキル・取り扱うことができる機器などを転職希望先の企業がイメージしやすいように記載するようにしましょう。

学生時代の経験もアピールするとよい

職務経歴書でアピールするのは、社会人になってからの経験だけではありません。

研究職・開発職に転職する人の多くは、大学を卒業しています。大学院を修了して、より専門的に学んだり、研究の教育を受けたりした人もいます。

これらの課程で身につけた知識、スキル、実績も、転職のときにはアピールすることができます。私は以下のような内容を入力しました。

図(画像/職務経歴書/学生時代の研究内容・業績)

実績は、論文だけでなく、学会発表を挙げてもよいです。

学会発表も論文投稿も経験していなければ、研究で身につけた実験手技や扱った実験機器を載せるようにしましょう。

あなたのスキル、実績を少しでも多くアピールするようにしましょう。

取得資格があればすべて記載する

これまでに取得した資格があれば、すべて記載するようにしましょう。これは、これから担当する業務やこれまで担当した業務と直接関係ない資格でも問題ありません。

私は薬学部を卒業して、薬剤師の国家資格を取得しました。そして、化学メーカーの研究職として働いているときに、危険物取扱者甲種資格を取得しました。私の職務経歴書の取得資格欄は、以下の通りです。

図(スクリーンショット/職務経歴書/取得資格)

ここで挙げられている日商簿記検定は、私の経歴のなかでは異色の資格です。

私が化学メーカーに就職して最初の半年は、ほとんど残業はなく、帰宅したあとは暇でした。この時間を有効に使えないかと考えて、これまで全く触れたことがない分野の勉強をしようと思いました。そこで独学で勉強して取得したのが、日商簿記検定でした。

図(写真/日商簿記検定/本)

私が働いていた化学メーカーで、日商簿記検定が必要な業務を担当したことは1度もありませんでした。もちろん、転職活動で受けた企業・職種でも、日商簿記検定が活かせるものは1つもありませんでした。

全く関係ない資格でしたが、この資格を職務経歴書に記入したことでマイナス評価をされることはありませんでした。もちろん、無事転職を成功させることができました。

取得資格欄には、あなたがこれまでに取得した資格をすべて記入するようにしましょう。

パソコンスキルを具体的に示す

研究職や開発職に限らず、仕事でパソコンを使うことは当たり前の世の中になりました。パソコンを使えるのが当たり前で、使えないと損をするような世の中です。

研究職や開発職で働くときには、Office(Word、Excel、PowerPoint)を利用することが多いです。

自己PRで強み・目標をアピールする

 

作成した職務経歴書は提出する前に第三者に確認してもらおう

それぞれの欄を埋めたら、必ず第三者に内容を確認してもらいましょう。

自分で作成しただけでは、内容が不明瞭だったり、そもそも企業へのアピールがずれていたりすることに気づきにくいです。

最も的確なアドバイスをもらうことができるのは、転職エージェントに添削をしてもらうことです。

私が転職活動をしたときには、転職エージェントに登録してサービスを受けました。多くのサービスを利用しましたが、そのなかの1つに職務経歴書の添削がありました。

例えば、とある化学メーカーの研究職求人に応募するときの職務経歴書を添削してもらったときには、以下のメールのようなアドバイスをもらいました。

図(添削/パソナキャリア)

ほかにも転職エージェントは、業績や実力をよりアピールするための方法もアドバイスしてくれます。

私が最初に職務経歴書を作成したときには、そもそもどのように書けばよいか全くわからない状態でした。よくわからないままテンプレートに入力しました。

その状態のものを転職エージェントに添削してもらったものが、下の図です。

図(添削/doda)

転職エージェントは、求職者の転職を支援するプロです。多くの求職者の転職を成功させています。そのような専門家に添削してもらうことで、書類選考を通過する可能性を高めることができます。

まとめ

ここでは理系の研究職・開発職に転職するときの職務経歴書の書き方について解説しました。

職務経歴書を作成するときには、インターネット上からテンプレートをダウンロードして活用しましょう。企業に提出するときも、紙ではなくデータで問題ありません。

社会人になってからの業務実績だけでなく、学生時代に経験した研究・実験もアピールするとよいです。

内容の入力が完成すると、第三者に添削をしてもらいましょう。そうすることで、書類選考を通過しやすくなります。


研究職や開発職で転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。転職サイトを利用しないで自力で求人を探すと、希望の条件の求人を探す作業だけでなく、細かい労働条件や年収の交渉もすべて自分でやらなければなりません。

一方で転職サイトに登録して、転職エージェントから求人を紹介してもらうと、非公開求人に出会うことができます。また、労働条件や年収の交渉もあなたの代わりに行ってくれます。

ただし、転職サイトによって特徴が異なります。例えば「取り扱っている求人が全国各地か、関東・関西だけか」「事前の面談場所は全国各地か、電話対応だけか」「40代以上でも利用できるか、30代までしか利用できないか」などの違いがあります。

これらを理解したうえで転職サイトを活用するようにしましょう。そこで、以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを認識して活用することで、転職での失敗を防ぐことができます。