当サイトは研究職と開発職の求人や特徴を紹介しており、研究開発に関わる職業での転職に特化した専門サイトです。私が「仕事で経験した実体験」や「知り合いの研究職・開発職の人からの情報」を踏まえ、転職時の注意点や失敗しないための方法などを紹介しています。

転職サイトの人気ランキング

当サイトが掲載している研究開発職の転職サイトの人気ランキングです。おすすめの転職エージェントを1~4位まで掲載しています。

doda

取り扱う求人数がトップクラスに多い

転職支援などのさまざまな人材サービスを手掛ける大手の転職サイトがdodaです。dodaの最大の特徴は、取り扱っている求人数が業界トップクラスに多いことです。そのため研究開発職について、多くの求人のなかから希望に沿った求人に出会えることができます。

また、dodaでは求人を紹介される前にキャリアカウンセリング(面談)を受けることができます。面談場所は関東、関西エリアだけでなく、北海道、東北、東海、中国、九州から選ぶことができ、面談を重視している人にはおすすめの転職エージェントです。

dodaは全国各地の求人を取り扱っており、求人数もトップクラスのため、登録して間違いのない転職サイトです。

応募対象年齢 23歳~35歳
対応地域 全国

JAC Recruitment

高年収を狙う人に特化したエージェントサービス

ほかの転職サイトにないJAC Recruitmentの強みは、高年収の求人をメインで取り扱っていることです。取り扱っている求人のほとんどが、最低でも年収600万円以上です。

そのためマネージャー職の経験者に限らず、「製薬会社の研究職」「薬事職のスペシャリスト」など専門性の高いスキルをもっている人におすすめです。

なお、高年収求人を取り扱っていることから、スキルを保有している人なら50歳まで応募可能であり、年齢が高めであっても問題なく転職成功できます。

応募対象年齢 28歳~50歳
対応地域 全国

マイナビエージェント

20代・30代の転職に特化したサービスを提供

大手人材広告企業である株式会社マイナビが運営する転職サイトがマイナビエージェントです。マイナビエージェントの特徴は、取り扱っている求人のほとんどが20代・30代を対象にしていることです。

また、マイナビエージェントは平日の日中だけでなく、夜間や土曜日にも相談に乗ってもらえます。現在働いている会社の仕事が遅い人にとっては、非常に助かるサービスといえるでしょう。

一都三県(東京、神奈川、埼玉、千葉)や関西(大阪、京都、神戸)がメインとなり、求人の場所は限られますが、都市部の中途採用には大きな強みがあります。

応募対象年齢 23歳~40歳
対応地域 一都三県、関西

パソナキャリア

女性に特化したサービスを提供

パソナキャリアは、大手人材派遣会社のパソナ株式会社が運営する転職エージェントです。パソナキャリアは幅広い年齢層に対してサービスを提供していますが、40代の転職も支援してくれます。

また、パソナキャリアの最大の特徴は、女性に特化した転職サービスを提供していることです。女性の活躍支援に特化した専門チームを発足しており、男性にはない疑問(産休・育休後の復帰に関することなど)に対してアドバイザーがサポートしてくれます。

応募対象年齢 20歳~49歳
対応地域 一都三県、関西、東海

転職の知識

研究職や開発職で転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。転職サイトを利用しないで自力で求人を探すと、希望の条件の求人を探す作業だけでなく、細かい労働条件や年収の交渉もすべて自分でやらなければなりません。

一方で転職サイトに登録して、転職エージェントから求人を紹介してもらうと、非公開求人に出会うことができます。また、労働条件や年収の交渉もあなたの代わりに行ってくれます。

ただし、転職サイトによって特徴が異なります。例えば「取り扱っている求人が全国各地か、関東・関西だけか」「事前の面談場所は全国各地か、電話対応だけか」「40代以上でも利用できるか、30代までしか利用できないか」などの違いがあります。

これらを理解したうえで転職サイトを活用するようにしましょう。そこで、以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを認識して活用することで、転職での失敗を防ぐことができます。