40代で転職を成功させることは、20代、30代と比べて難しいです。しかし、戦略的に求人を探すことで、あなたに合った求人を見つけ、満足できる転職を実現できる可能性は十分あります。

ここでは、40代のシステムエンジニアが転職を成功させるための戦略、求人探しのポイントを解説します。

システムエンジニアは40代でも転職できる

40代システムエンジニアのあなたが転職を考えるときに、一番気になるのは「今の年齢で転職できるだろうか」ということだと思います。まず、実際に40代のシステムエンジニアがどのくらい転職を成功させているのかを確認してみましょう。

大手転職サイトのdodaを運営しているパーソルキャリア社が、転職成功者の年代構成を公開しています。その結果が下の図です。システムエンジニアが含まれる箇所をオレンジ色で示しています。

システムエンジニアの転職成功者の約半数が20代で、30代までが約8割を占めます。あなたの周りのシステムエンジニアでも、40代で転職している人は少ないのではないでしょうか。しかし、約2割は40代です。つまり、40代でも転職を成功させることは可能です。

40代のシステムエンジニアであれば、システム開発や運用のスキルがそれなりに身についています、そのため、あなたが応募条件を満たす求人は転職サイトなどを探すと比較的簡単に見つかります。

しかし、そのような求人のすべてであなたが採用されるわけではありません。その理由は、求人を出している企業は少しでも若い人材を採用したいと考えているからです。

例えば、20代で業務経験が3年のシステムエンジニアと、40代で業務経験が23年のシステムエンジニアが応募してきたときに、あなたが採用担当者ならどちらを採用しますか?

もちろん、求める技術レベルが高かったり、管理職の立場での採用であったりすると、40代のシステムエンジニアを採用するかもしれません。

しかし、多くの場合は20代のシステムエンジニアの方が優先されます。それは、若い人材の方が少しでも長く会社に貢献してくれるからです。

求人によっては年齢制限が設けられている

さきほど解説したように、会社は少しでも若い人材を採用して、長期的に会社で活躍してもらいたいと考えています。そのため、求人によっては年齢制限が設けられていることがあります。

例えば、下に紹介する株式会社Just.Assistの求人は、45歳未満が条件に挙げられています。

募集・採用において、年齢制限を設けることは、雇用対策法で禁止されています。しかし、この法律では、一部の例外が認められています。そのなかの1つが、「長期キャリア形成を目的とした場合」です。

なお、Just.Assist社の求人は、45歳未満が応募条件ですが、同じ理由で「35歳未満」「40歳未満」の年齢制限を設けているシステムエンジニア求人もあります。

つまり、システムエンジニアとして経験があっても、求人によっては応募さえできない可能性があることを覚えておきましょう。

40代のシステムエンジニアが採用されやすい求人を探す方法

年齢制限がされている求人について解説しましたが、求人に年齢制限が記載されていなかったとしても、企業は少しでも若い人を採用したがります。

求人に応募するときには、履歴書や職務経歴書の準備や、企業研究、面接対策など、多くの準備が必要です。最終的に内定をもらえなければ、せっかくの準備がすべて無駄になります。不採用だった時の精神的なダメージは大きいです。

そのため、40代のシステムエンジニアが転職を成功させるためには、採用されやすい求人を戦略的に探して応募しなければなりません。

図(イメージ図/戦略的な転職活動)

ここからは、40代のシステムエンジニアがどのような求人に応募することで採用されやすいかについて紹介します。

経験豊富な人材を募集している求人を狙う

最初に紹介するのは、システムエンジニアとしての経験が求められる求人です。下に紹介する株式会社ヒューマンテクノロジーズの求人では、応募条件に「社会人経験10年以上のベテラン大歓迎」と記載されています。

ヒューマンテクノロジーズ社は、東京都港区にオフィスを構えるクラウドサービスの開発・提供に強みがある企業です。

この求人では、開発業務だけでなく、商談への同席や社内のエンジニアとの調整業務も担当します。

システムエンジニアとしての業務経験を積むと、業務の幅が広くなります。自社内での開発業務だけでなく、顧客との折衝や、複数の部署間の調整を担っているかもしれません。

このような経験豊富な人材を募集している求人は、若手の人材よりも40代のシステムエンジニアの方が応募して採用される可能性が高いです。

PL(プロジェクトリーダー)やPM(プロジェクトマネージャー)を募集している求人を狙う

続いて紹介するのは、PLやPMを募集している求人です。

次に紹介するコベルコシステム株式会社の求人では、PLやPMの候補を募集しています。担当する仕事内容は、プロジェクトの全体管理です。

そして、コベルコシステム社の求人の応募条件は、以下の通りです。

オープン系システムの開発経験と、サブリーダー、PL、PMなどの経験があれば応募条件を満たします。

40代までシステムエンジニアとして働いていたら、少数のチームをとりまとめた経験があると思います。そのような経験を活かすことで、PLやPMクラスの管理職求人に応募できます。

40代を中途採用している実績がある企業を狙う

会社が40代の人材の採用に対して前向きかを知ることができれば、より効率的に転職活動を進めることができます。40代の採用について確認できる1つの方法は、求人票を確認することです。

例えば、次に紹介するSWITCH株式会社の求人では、年収の欄に45歳のシステムエンジニアを採用した実績と、そのときの年収が紹介されています。

SWITCH社は、東京都豊島区にオフィスを構える、情報システムの環境構築やIT企画などを手掛けるベンチャー企業です。

 

転職エージェントから非公開求人を紹介してもらう

最後に紹介するのは、転職エージェントから非公開求人を紹介してもらう方法です。転職エージェントは、あなたのような求職者の転職活動を全面的にサポートする、転職のプロです。

そして、非公開求人とは、転職エージェントを介してのみ見ることができる求人です。ここまで紹介してきた求人は、すべて公開求人で、誰でも閲覧できます。

実は、転職市場にある求人の約80%が非公開求人と言われています。つまり、公開求人だけを探していては、あなたが採用されるかもしれない魅力的な求人を逃している可能性が高いです。

また、転職エージェントは求人を出す企業とあなたのような求職者の間に入って、転職を支援しています。企業がどのような人材を欲しがっているかを熟知しています。

そのため、求職者の要望を満足し、採用される可能性が高い求人をピンポイントで紹介してくれます。

冒頭から述べているように、40代システムエンジニアの転職は戦略的に行わなければ、なかなか満足できる結果は得られません。転職エージェントから非公開求人を紹介してもらい、転職活動を全面的にサポートしてもらうことで、あなたの転職成功の可能性は格段に高まります。

まとめ

ここでは、40代のシステムエンジニアが転職を成功させるための考え方を解説しました。

40代のシステムエンジニアは、転職はできますが、求人を戦略的に探さなければなりません。具体的には、「経験豊富な人材を募集している求人」「PL/PMを募集している求人」「40代を中途採用している実績がある会社」を探すことで、採用されやすいです。

転職エージェントから非公開求人を紹介してもらうことも、あなたが出会える求人数が格段に増え、転職成功の可能性を高めてくれます。

このような方法を駆使して転職活動を行うことで、満足できる転職を実現できます。


研究職や開発職で転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。転職サイトを利用しないで自力で求人を探すと、希望の条件の求人を探す作業だけでなく、細かい労働条件や年収の交渉もすべて自分でやらなければなりません。

一方で転職サイトに登録して、転職エージェントから求人を紹介してもらうと、非公開求人に出会うことができます。また、労働条件や年収の交渉もあなたの代わりに行ってくれます。

ただし、転職サイトによって特徴が異なります。例えば「取り扱っている求人が全国各地か、関東・関西だけか」「事前の面談場所は全国各地か、電話対応だけか」「40代以上でも利用できるか、30代までしか利用できないか」などの違いがあります。

これらを理解したうえで転職サイトを活用するようにしましょう。そこで、以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを認識して活用することで、転職での失敗を防ぐことができます。