英語力があれば、転職先の選択肢が広がります。実際のインフラエンジニアの求人票でも、応募条件に英語力が挙げられている求人も少なくありません。

しかし、本当に仕事で英語スキルを活かすことができる会社は限られています。仕事内容の詳細や会社の事業展開を把握して転職しなければ、転職後の後悔につながってしまいます。

ここでは、インフラエンジニアが英語力を活かして転職するときの方法を紹介します。具体的には、「英語力を活かせる求人例」「英語力を活かす求人の見つけ方」について順に解説します。

英語力を活かせる求人を把握する

インフラエンジニアとして働いていれば、英語のメッセージや文章を読む機会は少なからずあります。例えば、ログは英語で表記されていますし、技術情報も英語で記載されている資料を閲覧することもあると思います。

しかし、日本国内で働いていると、仕事中に英語を話す機会はほとんどありません。

では、どのような企業で働けば日常的に英語を使用する場面があるのでしょうか。具体的な求人例を示しながら確認していきましょう。

日本国内だけでなく海外にも拠点がある企業

英語力を活かせる求人の第一候補は、海外にも活動拠点がある企業です。

最初に紹介する求人は、東京都港区に本社がある株式会社アイエスエフネットの求人です。アイエスエフネット社の求人では、「英語力を活かした業務を任せることがある」「希望者には中国、韓国、インドなど、グローバル配属のチャンスがある」と記載されています。

このような求人では、国内に限らず、海外顧客のITインフラの企画・構築・運用を任されることになります。

海外顧客のITインフラを構築するときには、顧客の担当者と英語で打ち合わせをしながら要件を詰めていく必要があります。

また、アイエスエフネット社のホームページを確認すると、下記の地域に海外子会社があることが紹介されています。

海外配属になれば、一緒に仕事をするのは日本人ではなく外国人になります。海外のエンジニアと日常的に英語で議論する機会ができるので、あなたの英語力を存分に活かすことができます。

続いて紹介する求人は、京都府に本社がある株式会社村田製作所の求人です。この求人では、社内システムを設計・構築・運用するインフラエンジニアを募集しています。

村田製作所社は、電子部品や多機能で高密度なモジュールなど、多岐に渡る製品の研究開発・生産・販売を行っている企業です。

そして、村田製作所の活動拠点は世界中にあります。会社ホームページを確認すると、東アジア、東南アジア、アメリカ、ヨーロッパに拠点を構えていることがわかります。

拠点を複数構える企業で、それぞれの事業所が別々のシステムを利用していると都合が悪いことがあります。

例えば、グループ内の企業同士でメールのやり取りをするときに、同じソフトウェアを使用していれば、メールアドレスのリストを共有することができます。

私が以前勤務していた化学メーカーでは、グループ会社内では同じ業務管理システムを利用していました。そのため、グループ企業内の全従業員のメールアドレスがリスト化されており、関係会社の人と共同で仕事を進めるときも連絡が取りやすかったことを覚えています。

村田製作所社のように、多くの拠点に事業所を構える企業では社内ネットワークシステムの統合が業務の効率化につながります。

そして、この求人では社内システムを外部ベンダーに開発委託するのではなく、自社内で開発(内製化)することが記載されていました。そのため、日本国内に限らず、海外のエンジニアと協力して、社内のシステムを企画・設計・運営を行います。

業務を進める上で必要なメール、Web会議、対面での打ち合わせなどで英語力を活かすことができます。

外国籍の社員が多く在籍している企業

続いて紹介するのは、外国籍の社員が多く在籍している企業の求人です。下の株式会社ワークスアプリケーションズ社の求人では、国内の開発部門に外国籍の社員が多く在籍していることが記載されています。

インフラエンジニアの技術は、世界中で通用するものです。そのため、海外出身の技術力が高いエンジニアを積極的に採用している企業もあります。

私がかつて転職フェアに参加したときも、システムエンジニアを募集している企業のブースを外国籍の求職者が訪問していました。

また、ワークスアプリケーションズ社も海外に活動拠点を構えています。会社ホームページを確認すると、上海、シンガポール、インドにもオフィスがあることが紹介されていました。

海外との人材交流があれば、海外拠点から日本国内にエンジニアが異動になるケースもあります。そして、職場に外国人がいれば、必然的に英語を話す機会は増えます。

私も英語圏出身の研究員と一緒に仕事をしたことがあります。彼はほとんど日本語を話せなかったので、私の拙い英語で四苦八苦しながら仕事をしたことを覚えています。

外国籍の社員が多く在籍している企業に転職すれば、日本国内で働きながら英語力を活かすことができます。

海外企業が日本での活動開始を支援する企業

最後に求人は、前の項で紹介したアイエスエフネット社の求人ですが、仕事内容が少し特徴的です。

この求人では、顧客のインフラ環境の設計・構築、運用を担当しますが、顧客企業は日本国内だけではありません。日本に進出する海外企業のインフラ環境構築も受託します。

海外企業が日本国内にオフィスを構えるときに、ITインフラをゼロから構築する必要があります。アイエスエフネット社は、そのような企業の日本進出を支援しています。

アイエスエフネット社のホームページには、業務内容について以下のように示されています。

英語を話すことができれば、このような企業での仕事で活かすことができます。

あなたのスキルを活かす求人を見つける方法

英語力を活かせる企業は、海外と関係がある企業や外国籍の社員が多い企業です。

では、そのような企業を探すのは難しいのでしょうか。続いて、実際に転職活動をするときの求人の探し方について解説します。

闇雲に転職をしても失敗する

インフラエンジニアとして働いていると、英語に触れる機会はあります。そのため、どの企業でも英語力があれば仕事をスムーズに進めることができます。

このような仕事の特徴から、英語力を求める求人は多いです。ただし、求人の詳細を見てみると、英語力を活かせる求人は少ないことがわかります。

大手転職サイトのdodaで「インフラエンジニア 英語」で求人を検索すると、100件以上の求人がヒットします。

これは、求人票のなかに「インフラエンジニア」「英語」が含まれるものがすべて表示されています。したがって、以下のような「英語系の資格取得で祝い金あり」の記載があるインフラエンジニアの求人も含まれます。

この求人では、応募条件に英語力が挙げられていませんでした。仕事内容の欄を見ても、以下のように英語を使用する場面に関する記載はありません。

ほかにも、必要条件で「中級レベルの英語力」が挙げられている以下のような求人もヒットします。

実は、応募条件に英語力が挙げられている求人でも注意が必要です。この求人の仕事内容を見ても、英語を活かせる場面は挙げられていません。

この企業のホームページを確認しましたが、海外に活動拠点はありませんでした。また、積極的に海外進出をしているわけでもありません。

ここで紹介した2社に採用されても、あなたの英語力を十分に活かせる可能性は低いでしょう。

また、「インフラエンジニア」で検索し、「英語を活かす」を詳細条件に加えると、ヒットする求人は11件まで減ります。

このように、英語力を活かせるインフラエンジニアの求人は非常に少ないことがわかります。

一生懸命勉強して身につけた英語力を活かそうとしても、求人内容をしっかり確認して転職しなければ、あなたのスキルは無駄になってしまう可能性があります。

また、応募条件に英語力が上げられていても、転職後に英語力を活かせる仕事を任されるかはわかりません。そのため、転職を失敗しないためには、求人の探し方を工夫しなければなりません。

転職エージェントを活用してあなたの希望の転職を実現する

大手の転職サイトで求人を検索しても、あなたの英語力を活かせる求人はわずかしかありませんでした。

では、どのように求人を探すと魅力的な求人を見つけやすくなるのでしょうか。。

有効な手段の1つは、「転職エージェントを活用して、あなたに合った求人を紹介してもらうこと」です。

転職エージェントを活用するメリットは多いですが、そのなかでも以下の2点について詳細を紹介します。

・仕事内容の詳細を訊くことができる

求人票を見ていても記載されている情報には限りがあります。その一方で転職エージェントは、仕事の詳細や「なぜ求人を出しているか」などの情報を持っています。

転職エージェントは、新たに採用予定の人材に担当してもらう仕事内容について、企業から情報提供を受けています。

私も転職活動をするときに転職エージェントを活用しました。私の場合は「化学系の知識を活かせる」を条件として伝えました。

いくつかの求人の紹介を受け、最終的には希望に沿った現在の仕事に就くことができました。

転職エージェントにあなたの希望である「英語力を活かせるインフラエンジニアの求人」を伝えることで、条件に合った求人をピンポイントで紹介してくれます。

・非公開求人の紹介を受けることができる

転職エージェントを活用する2点目のメリットは、「非公開求人の紹介を受けられること」です。

私がここまで紹介してきた求人は、すべて転職サイトで公開されている公開求人でした。

実は、転職エージェントのサービスを受けると公開されていない非公開求人の紹介を受けることができます。

そして、転職市場にある求人のほとんどは非公開求人と言われています。つまり、ほとんどの求人はどれだけインターネットで検索しても見つけることができません。

実際に、転職エージェントの1つであるJAC Recruitmentは、取り扱っている求人の60%が非公開求人とホームページ上で紹介しています。

この割合は、ほかの転職エージェントでも同じような数値で、およそ60%~80%が非公開求人と言われています。

公開求人だけを探しても、あなたの希望を満たす求人は少ないです。非公開求人も含めて探すことで、希望に沿った求人を見つけやすくなります。

まとめ

ここでは、インフラエンジニアが英語力を活かせる求人に転職成功させるための方法について解説しました。

仕事で英語を使用する場面が多い企業は、「海外にも拠点がある企業」と「外国籍の社員が多く在籍している企業」です。

どの企業でも英語ができる人材を求めています。しかし、応募要件に英語力について記載されていても、入社後に英語を使用しない業務を担当する可能性があります。

そのため、闇雲に求人に応募してはいけません。転職後に担当する仕事内容を十分に確認してから転職することで、転職失敗を防ぐことができます。

仕事内容を確認する方法の1つに、転職エージェントのサービスを受けることが挙げられます。また、転職エージェントを活用することで非公開求人を紹介してもらうことができ、求人の選択肢を大幅に増やすこともできます。

これらの手順を踏むことで、あなたのスキルを最大限活かすことができる求人に転職しやすくなります。

研究職や開発職で転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。転職サイトを利用しないで自力で求人を探すと、希望の条件の求人を探す作業だけでなく、細かい労働条件や年収の交渉もすべて自分でやらなければなりません。

一方で転職サイトに登録して、転職エージェントから求人を紹介してもらうと、非公開求人に出会うことができます。また、労働条件や年収の交渉もあなたの代わりに行ってくれます。

ただし、転職サイトによって特徴が異なります。例えば「取り扱っている求人が全国各地か、関東・関西だけか」「事前の面談場所は全国各地か、電話対応だけか」「40代以上でも利用できるか、30代までしか利用できないか」などの違いがあります。

これらを理解したうえで転職サイトを活用するようにしましょう。そこで、以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを認識して活用することで、転職での失敗を防ぐことができます。