薬剤師資格があると、医薬品開発に従事するCRC(治験コーディネーター)に転職することができます。

CRCは医薬品開発に従事する、非常にやりがいのある仕事ができます。

ここでは、薬剤師がCRCに転職するときの注意点やポイントを解説します。具体的には、「CRCの仕事内容や働き方」「転職に有利な経験」「CRCに転職したときの年収・給料」について順に説明します。

CRCの仕事内容・役割を理解する

多くの薬剤師は、医療機関や調剤薬局で医薬品の調剤・監査や、患者さんへの服薬指導を主な仕事としています。

医療機関や調剤薬局で薬剤師として働いていると、医薬品の開発に関連した業務を担当することはほとんどありません。

まずは、CRCがどのような業務を担当するのか、薬剤師資格があればどのような場面で活かすことができるのかについて説明します。

被験者・多くの医療専門職、製薬会社・当局との業務調整を担当する

まず最初に理解しておかなければならないのは、CRCは治験に関わる多くの人・職種の間に入って調整業務を主に担当する職種であることです。

治験は被験者に医薬品候補を使用して、効果や安全性を確認する試験です。最終的には当局に承認申請を行い、承認されると医薬品として製造販売することができるようになります。

この一連の流れの中で関わるのは、被験者、製薬会社、医療機関、当局です。これらの間に入って、スムーズに治験を進めるために働くのがCRCです。

図(CRCのイメージ図)

上の図のように、治験に関わる多くの人の間で調整業務を担当するのがCRCです。

CRCは治験のサポート業務を担当する

CRCは治験に携わる職種です。そしてその業務のほとんどは治験の「補助業務」です。

実際に仕事内容が挙げられている求人例を紹介します。

 

得意分野・専門領域の治験に関わる

薬剤師として働いていても、世の中のすべての薬に精通しているわけではありません。

病院が標榜している診療科によって日常的に取り扱う医薬品はほぼ決まります。専門薬剤師を取得していれば、専門分野の薬を重点的に勉強したり、学会に参加したりします。

実は、医療機関にCRCを派遣するSMOには、会社ごとに得意分野があります。

次に紹介する株式会社EP綜合は、三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)の治療薬開発に対応するために、専門教育を受けたCRCを育成していることが求人票に記載されています。

図(NO6/仕事内容)

続いて紹介する求人は、神奈川県に本社があるトライアドジャパン株式会社から出されているものです。トライアドジャパン社は、精神科領域に特化した教育や研修を行っていることが求人票に記載されています。

図(NO4/仕事内容)

診療科が違えば、日常的に処方される薬の内容は異なります。

 

薬剤師がCRCに転職して働く強み

 

病院での勤務経験があれば転職に有利

CRCに転職するときに、どのような経験があれば転職しやすいのでしょうか。

CRCとして働く場合、主な職場は医療機関です。そのため、CRCに転職するときには、病院などの医療機関で働いた経験を求められることが多いです。

次に示すシミックヘルスケア・インスティテュート株式会社の求人は、薬剤師資格と病院での就業経験が必須条件として挙げられています。

図(NO5/対象となる方)

医療機関での勤務経験があれば、医師、薬剤師、看護師などの医療専門職との仕事のやり取りを経験しています。

 

臨床経験がなくても応募できる求人はある

では、病院での勤務経験がなければCRCには転職できないのでしょうか。実は、求人数は少ないですが、病院での勤務経験がなくても応募できる求人はあります。

次に紹介するノイエス株式会社から出されている求人は、多くの医療系の資格が応募条件に挙げられています。そして、「臨床経験不問」と謳われています。

図(NO3/対象となる方)

CRCで働くときは医療機関で働くことになります。そのため、CRCとして働き始めると医療専門職とのやり取りは必要不可欠です。

病院雇用でCRCとして働く

ここまで紹介してきたのは、医療機関にCRCを派遣するSMOの求人でした。

実はCRCを募集しているのはSMOだけではありません。治験を実施する医療機関でもCRC業務を担当する人材を募集していることがあります。

 

CRC業務以外にも一般業務も担当する

治験を実施している医療機関に雇用されるCRCは、CRC業務だけに従事するわけではありません。薬剤部内の治験以外の業務も担当することが多いです。

次の求人は、神奈川県にある総合病院から出されている求人です。記載されている仕事内容には、CRC業務だけでなく、院内薬局での業務全般も含まれています。

図(NO11/仕事内容)

私の知り合いで、大学病院でCRCとして働いている人がいます。彼に話を訊くと、当直をして夜間調剤をすることもあると教えてくれました。

このように病院雇用のCRCとして働く場合は、CRC業務だけでなく、通常の薬局業務も兼任することを認識しておきましょう。

パートの採用もある

ほとんどのCRCは正社員として雇用されて働いていますが、実は病院雇用のCRCのなかにはパート働いている人もいます。

次に紹介する病院名が非公開の求人では、パートでの募集がされています。

図(NO10/雇用形態)

 

CRCに転職すると年収・給料は下がる可能性が高い

最後に、薬剤師がCRCに転職したときの年収について解説します。

ここまでX件の求人を紹介しました。冒頭で紹介したXX社の求人では、以下のようにXXX万円が提示されています。

図(NOX/年収)

そして、XX社を含むX件の求人で提示されている年収を一覧にしたものが、下の表です。

図(年収の表)

 


研究職や開発職で転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。転職サイトを利用しないで自力で求人を探すと、希望の条件の求人を探す作業だけでなく、細かい労働条件や年収の交渉もすべて自分でやらなければなりません。

一方で転職サイトに登録して、転職エージェントから求人を紹介してもらうと、非公開求人に出会うことができます。また、労働条件や年収の交渉もあなたの代わりに行ってくれます。

ただし、転職サイトによって特徴が異なります。例えば「取り扱っている求人が全国各地か、関東・関西だけか」「事前の面談場所は全国各地か、電話対応だけか」「40代以上でも利用できるか、30代までしか利用できないか」などの違いがあります。

これらを理解したうえで転職サイトを活用するようにしましょう。そこで、以下のページで転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを認識して活用することで、転職での失敗を防ぐことができます。